スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一日の流れ(午前の部)

一日をどんなふうに過ごすか、最近の様子を書いてみます。

いっぺんに書けないので、朝からはじめます。

朝4時ごろ起きます。
母の部屋を覗いて、よく寝ていたらそっと部屋を離れます。

目を覚ましていたら、静かに声をかけて、体位を交換します。
体のどこかに、ちょっとした不快があるのかもしれない。
体を動かしたときに、背中とか、足とか、肩とか、軽くもんだり、なでたりします。

母がおしゃべりしたそうだったら、それに付き合います。
早朝に気分がいいらしくて、言葉が出やすいことがよくあります。

6時ごろ、台所で注入食の準備をしつつ、母の部屋の電気をつけます。
寝ていたら、声をかけて起きるように促します。
テレビをつけて、部屋の暖房をオンにします。

6時半ごろ、オムツを交換して、注入食が始められるように体位を整えます。
仰臥位で、ベッドをギャッジアップです。

肩から首、胸、顔をマッサージします。
続いて、鼻掃除、口腔ケア、顔の清拭。


これをしておくと、栄養液が胃の中に入ったことで、唾液が増えてむせる状態がましになるみたいです。
なので、注入食を開始する前には、必ずやってます。

栄養注入は、一時間半かかります。
このあいだに、洗濯とか掃除をします。


注入が終わったら、ポジショニングのクッションをいくつかはずして、ベッドの角度も少し下ろします。
楽な姿勢にしてあげたいので。

母は、片麻痺に加えて拘縮が強く、また健常な部位の緊張がとても高いです。
フリーな状態だと、右側の拘縮と左側の抵抗で、体がどんどんずれてしまいます。
だから、注入の間はクッションをたくさんはさんで、体を固定しています。


9時から10時にかけて、何度かオムツをチェックします。
この時間に排便することが多いからです。

朝の薬の中に、とても眠気を催させるものがあります。
それで母は、このぐらいの時間になると、うとうとし始めています。

でも、お尻をきれいに洗って、オムツを交換するまで寝るのは待ってね。

オムツ交換がすんだら、母の昼寝(午前中ですが)の時間です。

左を下に側臥位にしてあげます。
右を下にするより、落ち着くようです。
これは、母個人の好みかもしれません。

12時まではテレビの音量を下げて、部屋の出入りも静かに。
昼寝のじゃまをしないようにします。

関連記事

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

momoka

Author:momoka
病院勤務の介護職員 

母の介護のに専念するため
いまは休職中です

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。