FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オムツ交換、排便時


母の体は常に緊張が高いので、排便時のオムツ交換や陰部洗浄は、けっこう大変。

きのう、オムツを開けるとちょっとだけ便が出ていた。
でも、サイクル的に「ちょっとだけ」ではないはずの時間帯。

きのうは娘がそのときに居合わせたので、手伝ってもらうことにした。

排便時のオムツ交換と陰部洗浄の準備をする。

外に出ている便を拭き取ったら、肛門に圧力がかかっているのがすぐにわかる。
パンパンになっている感じ。
指を入れて出口近くの便を摘出。
これで、便意が誘発されて、すんなり通常の排便に続くときもある。

でも、きのう、本人は「出したくない」様子。
理由はわからないけれど、たまにこういうときがある。
体をカチカチにして、ガードの姿勢に入る。
足を押さえてくれている娘の手が、その力に負けて、母の膝が閉じてしまう。

母に協力してくれるよう声をかけて、縮む体を娘が必死に押さえて、陰部洗浄を終えて薬を塗って、あたらしいオムツを当てたところで、便が漏れる。
もう一度、最初からやり直し…

もうそこまで出掛かっている便を、本人が出さないでおこうとしているので、無理がある。
洗っては漏れるを繰り返すことになる。

そうするうちに、みるみる肛門の周りに水ぶくれができて、それがつぶれて血が流れ出す。

娘が、
「もうやめよう、もうやめよう」と、悲痛な声で言う。

やめようと言われても、漏れ出る便がいったん収まるまで、どうしようもない。

終わるまでに40分かかりました。


娘よ、ご苦労さま。

お母さんも、しんどかったね。


関連記事

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

momoka

Author:momoka
病院勤務の介護職員 

母の介護のに専念するため
いまは休職中です

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。