スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンシュアリキッド、不足

今月の通院で。

30日分処方されているエンシュアリキッドが30缶しかいただけなかった。

5日分。



不安。

スポンサーサイト

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

寝たきりの背中


急に暖かい日が多くなった。

散歩に出かけるのには、気持ちのいい気候。
母を毛布や、ショールで包み込んで、ミノムシ状態にせずに出かけられる。

でもうっかりすると、ベッドの中で汗だくになってたりする。
もともと、暑がりの汗かきなので。

かといって、パジャマや寝具を薄物に変えてしまうには、まだ心配。
朝晩が、冷えることもあるので。

今の時期の対策は、部屋の温度、湿度をこまめに点検すること。
汗で湿りがちなシーツやパジャマを頻繁に取り替えること、かな。

それから、体位交換の回数も増やしたほうがいいかも。
そのときに、背中を掻いてあげる。

母は口がきけないので、なにも言わないけれど。

職場で、脳疾患の後遺症で右片麻痺、軽い言語障害の後遺症を持つ方のお世話をさせていただいたことがある。
背中を掻いてあげると、
「涙が出るほど気持ちいい」
と、いつも言っておられた。

自由に寝返りが打てなくて、蒸れてしまう背中は、きっと痒いと思う。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

さくら

桜、咲き始めましたね。

最近は、母の散歩コースに、近所の神社も入れて、毎日花見。

平日の午後、神社はがらんとしてとても静か。

「お母さん、桜…」
指差すと、母が枝を見上げる。
わたしも、桜を見上げる。

天気がよくて、空が青い。
花びらが白い。


桜


空と、桜と、お母さんとわたし。


時間が止まってくれればいいと思う。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

寝たきりの在宅介護、日常のケア


寝付きかけたところで、ひどい金縛り状態。わたしです。
寝るのはあきらめて、足浴のことを書いてみようと思う。



寝たきりの人は、いろんな方法で体の中の循環をよくしてあげたいもの。
足先などは体の末端にあるし、まして麻痺していればなおのこと。
そこで、足浴。

いま、母の入浴は週二回。
でも足浴は毎日してあげたい。

車椅子に座って、お湯を入れたバケツに足をつけるのが、よく知られている足浴だが、車椅子への移乗が難しい人もいると思う。
体の大きなお父さんを、老齢の奥さんがお世話しておられるケースとかもあるはず。
寝ている人を、そうそう簡単に移乗させられない場合にも使える、豆知識。
寝たままできる簡易足浴。


用意するものは、熱めのお湯をいれたバケツ、タオルを4枚から6枚ぐらい、ゴミ用のビニール袋3枚。

1.寝ている人の足を膝下ぐらいまで裸にする。
2.足の下にビニール袋を敷く。
3.熱いお湯で絞ったタオルで足を包み込む。
4.タオルで包まれた足をビニール袋で包んで蒸す。

これだけ。
タオルが冷えてきたら、何度か絞りなおして、熱いものに変えてあげればいいと思う。
温まります。

寒い季節だけでなく、これから暖かくなると逆に足が蒸れて、麻痺足などは特に水虫になりやすい。
足浴を習慣にすると、そういうことも防ぎやすくなる。

胸やお腹など、体の真ん中のほうが気になるものだけれど、先っぽも大事。
足の指の先っぽまで、気にかけてあげたい。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

風邪?

母。
おとといは、少し便がゆるかった。
そして、咳が多いかな…と思った。

きのうは、やっぱり咳が多いと、はっきりわかった。
咳の声が違う。
痰がきれなくて、ゴロゴロいう咳とは違う。
風邪をひいたかも…

いまのところ、熱はない。胸の音もいつもと変わらない。

夜に眠れないとかわいそうなので、寝る前に咳止めを注入。

今夜は、起きていることにする。

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

momoka

Author:momoka
病院勤務の介護職員 

母の介護のに専念するため
いまは休職中です

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。